GVim mini Tips

先日 はお酒の勢いで、変なことしゃべっちゃいました。少し反省。

今日は小さなTipsをひとつふたつ。 Windows GVim の設定をHackしてみた。 (MacOSX(MacVim)でも使えるかも。)

browse confirm saveas を save コマンドとして実行する

gvimrcに以下を追記します。

ca save browse confirm saveas
:save

で、保存用のウインドウが開きます。 ca はコマンドの短縮コマンド登録ですね。

rst形式ファイル編集中にrst2htmlしてWebブラウザで表示

reStructuredText形式ファイルを開いているときに、 rst2htmlを実行した結果をWebブラウザで表示してくれる設定です。

runtime\ftplugin\rst.vim に以下を追加します。(かなり適当)

python << EOF
from docutils.core import publish_file
import os
import tempfile
import time
import webbrowser
import vim
def Rst2Web():
    src_fo = open(vim.buffers[0].name)
    dst = tempfile.mkstemp(suffix='.html')
    dst_fo = os.fdopen(dst[0], 'w')
    dst_filename = dst[1]
    print dst_filename
    out = publish_file(src_fo, '.', dst_fo, '.', writer_name='html')
    webbrowser.open(dst_filename)
    time.sleep(3)
    os.remove(dst_filename)
EOF
ca rst2web :py Rst2Web()

time.sleep() しているところとかは、ちょっとイケテナイですね。

:rst2web

を実行すればOKです。

comments powered by Disqus